新築で平屋を検討しているあなたへ|平屋の魅力と価格相場

新築で平屋を検討しているあなたへ|平屋の魅力と価格相場

「新築を建てる費用はできるだけ節約したい」といった理由から、平屋を視野に入れて新築を検討されているあなたのために、この記事では、平屋の魅力や相場、平屋を検討する際に注意していただきたいポイントなどをご紹介していきます。

価格だけじゃない平屋の豊富な魅力

「2階建てよりも費用が抑えられるかもしれない」と、費用面で平屋に興味を持たれた方は多いでしょう。しかし、平屋の魅力は決して価格だけではありません。むしろ、2階建てにはない、様々な特徴が平屋にはあります。そこでまずは、平屋の魅力についてご紹介していきます。

1.家族との距離が近く感じられる間取り

引用:木のぬくもりにつつまれる平屋の住まい|住友林業の家

「新しい家でも家族との時間を大切にしたい」とお考えの方は多いでしょう。平屋は一つのフロアに全ての空間が集まるので、離れていても家族の様子が見えたり、気配が感じられたりする特徴があります。
特に、家の中を見通せる広々としたリビングなら、家族間のコミュニケーションが増えて絆も深まりそうですね。また、お子さんが目の届く範囲内で遊んでくれるのも安心できるポイントです。

2.災害に強い頑丈な構造

平屋の外観

引用:65坪の土地に建つ平屋の住まい ピットインリビングのある平屋|西日本ホーム

「屋根裏を収納スペースとして活用している」「2階に寝室とクローゼットがある」といったお家はたくさんあります。しかし、1階よりも2階の方が重くなってしまうと、どうしても家全体のバランスが悪くなってしまいます。その点、平屋は重心が低く上からの負荷もないので、地震や台風の影響を受けづらくなっています。災害に強い平屋は、家族が安心して住むことができますね。

3.将来を見据えた使い勝手の良さ

バリアフリーを施した内観

引用:平屋を建てたい!メリットとデメリットは?|ユニバーサルホーム

平屋は2階がないので、家の中では「縦の移動」がありません。
そのため、バリアフリーを意識したデザインにする事で、限りなく移動に伴うストレスをなくす事ができます。また、「子供がひとり立ちした後、2階が物置になってしまうかもしれない」といった心配がないのも嬉しいですね。平屋なら今後の暮らしを長期的に考えて、無駄なく快適なお家にできそうです。

4.家事動線を確保しやすい

平屋の魅力は家事動線にもあります。特に大きく影響するのが洗濯です。洗濯物を1階から2階、さらに2階から1階へと移動するのは大きな負担ですよね。その点、水回りをワンフロアで完結させて、洗濯や掃除の手間を減らせるのは平屋の大きな魅力だといえます。

5.光熱費が抑えられる

太陽光パネルと相性が良い平屋の屋根

太陽光パネルと相性が良い平屋の屋根

引用:平屋を建てたい!メリットとデメリットは?|ユニバーサルホーム

平屋の場合、間取りによっては空調を一括して管理できるので、光熱費が抑えられるというメリットがあります。なお、平屋は屋根の面積が大きくなるので、太陽光パネルを設置すると効率的に電気代を節約できるといった特徴もあります。

平屋の魅力
  1. 家族との距離が近くなる
  2. 災害に強い頑丈な構造
  3. 将来を見据えた使い勝手の良さ
  4. 家事動線を確保しやすい
  5. 光熱費が抑えられる

平屋には、構造を活かした様々な魅力がありましたね。せっかくなら、建てる時のコストが抑えられるだけでなく、建ててからも安心して過ごせるお家にしたいですね。

どんな平屋があるか価格帯ごとに見てみよう

続いては、平屋の費用についてご紹介していきます。価格ごとにどんな平屋があるのか、また、間取りや外観の変化なども併せて見てみましょう。

500万円台|コンパクトでシンプルな平屋

「平屋は基礎工事の費用がかさむため、2階建て住宅よりも費用が高くなる」と紹介しているサイトがあり、ご予算を心配されている方も多いでしょう。でも安心してください。平屋を手掛けているメーカーさんによっては、本体価格500万円台から取り扱いがあります。

平屋専門店ヒラヤラボ

平屋専門店ヒラヤラボ

引用:平屋専門店ヒラヤラボ

平屋を専門に扱っている業者さんで、1LDKのお家が550万円から取扱いがあります。一般的なファミリータイプのプランに加えて、バリアフリーを取り入れたプランもあり、建て替えなどを検討しているご年配の方たちにも人気です。

平屋専門店ヒラヤラボ

引用:平屋専門店ヒラヤラボ

詳細情報
会社名 平屋専門店ヒラヤラボ
住所 〒355-0072
埼玉県東松山市石橋360
電話番号 0493-59-8045

楽ちん住宅

楽ちん住宅

引用:楽ちん住宅

楽ちん住宅さんも平屋を専門に扱っている建設会社さんで、1LDKのお家が553万7,000円から取り扱いがあります。全国のローコスト住宅を手掛ける会社と共同で材料を仕入れたり、販促物を自社で作成したりするなど、徹底して経費を削減して価格を抑えているそうです。どんなお家が建つのか気になる方は、モデルハウスも見学されてみてください。

楽ちん住宅

引用:楽ちん住宅

詳細情報
会社名 御園建設株式会社
住所 〒297-0078
千葉県茂原市高師台2丁目5-3
電話番号 0475-47-3118

800万円台|広々空間で快適な平屋

「コンパクトな暮らしも魅力的だけど、プライベートな空間も外せない」「リビングダイニングはカウンターキッチンにしたい」という方は、800万円台の平屋も視野に入れてみましょう。間取りの幅が広がって、よりゆとりのある暮らしが期待できますよ。

はなまるハウス

はなまるハウス

引用:はなまるハウス

19坪2LDKのお家が713万円から取り扱いがあるメーカーさんです。800万円台のプランでは2LDKと3LDKのプランがあり、広々としたリビングに加えて独立した個室もあります。水回りを集中させて、スムーズな家事動線が確保されている間取りにも注目です。

はなまるハウス

引用:はなまるハウス

詳細情報
会社名 ケイアイネットクラウド株式会社
住所 〒100-0005
東京都千代田区丸の内1-8-1 丸の内トラストタワーN館17階
電話番号 03-6551-2345

グッドリビング

グッドリビング

引用:Hiraya800-Test平屋生活|グッドリビング

「Hiraya800-Test」という平屋に特化した注目のプランがある会社さんです。こちらのプランでは、価格が800万円と均一価格になっており、こだわりやライフスタイルにあわせて豊富なプランの中から自由にお家の間取りが選べるようになっています。ホームページでは施工実績が豊富に掲載されているので、気になる方はぜひチェックしてみてください。

グッドリビング

引用:Hiraya800-Test平屋生活|グッドリビング

詳細情報
会社名 グッドリビング株式会社
住所 〒432-8021
静岡県浜松市中区佐鳴台1丁目8-8
電話番号 0120-011-057

1,000万円前後|機能性やデザイン性にもこだわった平屋

「価格も大事だけど、やっぱり機能性やデザインも妥協したくない」といった方は、1,000万円前後の平屋住宅も視野に入れてみると、さらに豊富な業者さんの中からプランが選べるようになります。ここでは、平屋を専門に取り扱っている2つの会社さんをご紹介します。

平屋スタイル

平屋スタイル

引用:990万円~で夢のマイホーム平屋スタイル

1941年から続く老舗の建設会社さんです。地域密着の経営方針が特徴で、お客様のニーズを長年に渡って追求していくうちに、平屋住宅を専門に手掛ける住宅メーカーさんになっていかれたそうです。多数のプランの中から、機能性やデザイン性に優れた素敵なお家をたくさん手掛けていらっしゃいます。

平屋スタイル

引用:990万円~で夢のマイホーム平屋スタイル

詳細情報
会社名 篠田建設株式会社
住所 〒500-8152
岐阜市入舟町3-32-3
電話番号 058-248-5581

プロト・デザインハウス

プロト・デザインハウス

引用:プロト・デザインハウス

埼玉県を中心に新築平屋住宅を専門に取り扱っている会社さんで、2LDK・3LDKを中心に、1,000万円前後の平屋のお家を多く取り扱っていらっしゃいます。シンプルで機能的なお家が多く、標準仕様の素材やデザインにもこだわっているのが特徴です。相談会や展示会を多数開催されているので、気になる方は相談されてみてください。

プロト・デザインハウス

引用:プロト・デザインハウス

詳細情報
会社名 プロト・デザインハウス(大宮建設株式会社)
住所 〒347-0054
埼玉県加須市不動岡3-5-12
電話番号 0480-61-2026

ここでは、価格を1,000万円以下に絞って平屋を取り扱っている業者さんを6社ご紹介させていただきました。なお、当サイトでは建築家さんや工務店さんごとに、建築に対する想いをインタビューをさせていただく取り組みを行なっています。「決まったプランからではなく、こだわりの平屋をゼロから注文住宅で建てたい」という方は、ぜひ建築家さんたちのインタビューも参考にしてみてください。

平屋を検討する前に注意したいポイント

さて、ここまで記事を読んで頂いた方の中には、前向きに平屋を検討されている方もいるでしょう。でもご注意ください。平屋を購入するにあたっては、気をつけておかなければいけないポイントもあります。

平屋を購入してから分かった失敗例5選

ここでは、実際に平屋を購入された方たちの失敗談を元に、平屋を検討する時にぜひ抑えておいて欲しいポイントをまとめました。ぜひ目を通してみてください。

1.収納が少なかった

平屋はスペースが1階のみに限られるので、収納スペースを十分に確保できるかどうかは大きな問題です。2階建てに比べると、どうしても延床面積は平屋の方が小さくなります。収納の場所やスペースは事前に確認が必要ですね。

2.プライベートな空間が確保できなかった

平屋の特徴でもある開放的な空間は、コミュニケーションが取りやすい一方で、プライベートな時間が確保しづらいといった心配もあります。家族構成によるところではありますが、間取りは事前に家族でしっかり話し合ってから決めたいですね。

3.水回りの位置を間違えた

平屋は限られたスペースで生活に必要なスペースを賄う必要があります。そのため、共有スペースを寝室の近くに設置してしまうと睡眠の妨げになってしまう恐れがあります。特に、トイレやお風呂などの水回りは音が響きやすいので注意が必要です。

4.隣家の影響で日当たりが悪くなった

平屋は2階建てのお家に比べると採光できる範囲が限られます。そのため、周囲の建物の高さが影響して日当たりや風通しが悪くなってしまう恐れがあります。中庭などで採光を増やす方法もありますが、大きな間取りの変更は費用にも影響するので、お家を建てる土地の周辺に影響しそうな建物がないかも確認しておきたいですね。

5.広い土地が必要だった

平屋を建てる際に最も注意したいのは事前の土地選びです。ちなみに、お家を建てる際は、土地に対してどれだけの建築スペースが確保できるか、という「建ぺい率」が異なります。

建ぺい率とは?

土地に対してどれだけの広さを建築スペースとして使えるかが決められた割合。例えば、建ぺい率が60%の地域であれば、100坪の土地に対して実際に家が建てられる建築スペースは60坪になる。

さらに、建ぺい率は2階建てに比べて平屋の方が狭くなります。そのため、同じ間取りで平屋を建てる場合、2階建てのお家に比べてより広い土地が必要になるケースがあります。
中には、「土地に費用を掛けすぎたために理想の家にできなかった」という失敗談もあります。平屋のお家を検討する際は、建ぺい率もしっかりチェックしたうえで土地探しをするようにしましょう。

参考 【平屋の失敗・後悔11選】ブログから分かった間取りや外観のポイント | 一条工務店とイツキのブログイツキのブログ~一条工務店とi-smart~ 参考 家を建てるなら平屋?2階建て?お金や暮らし方などメリットとデメリットを徹底比較 | 住まいのお役立ち記事住まいのお役立ち記事

まとめ

平屋の住宅には、2階建てのお家にはない魅力があります。これから建てる新築のお家も、理想の暮らしができる素敵なお家にできると良いですね。
ご予算の問題など、考えるべきことはたくさんあると思いますが、後悔をしないためにも、依頼する業者さんは慎重に選んでくださいね。
なお、当サイトでは建築家さんや工務店さんのところに実際にお伺いして、家づくりに対する想いをインタビューをさせてもらう取り組みをしています。家づくりでお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。