新築でシックハウス症候群にならないための対策と注意点

せっかく新築を建てたのに「シックハウス症候群になってしまった」、なんて取り返しのつかない事態は避けたいですよね。
そこで、この記事では新築でシックハウス症候群になってしまう原因や、シックハウス症候群を未然に防ぐためのポイントについて詳しくご紹介いたします。

今回ご協力頂いた家づくりの専門家
この記事は、天然素材にこだわった無添加の家を手掛ける、「株式会社天然住宅」の田中さんに伺った内容をもとに作成しています。

田中さん

シックハウス対策で最も大切なのは「予防」です。くれぐれも発症する”前に“、そして新築する”前に“、しっかり知識を身に着けて対策をしてほしいですね。

シックハウス症候群の原因は「化学物質」

スタッフ

シックハウス症候群とは一体どんな病気なのでしょうか?

田中さん

シックハウス症候群とは、建材や家具に含まれる有害な化学物質が引き起こす諸症状のことです。原因となる化学物質としては「ホルムアルデヒド」などが代表的ですね。

人が一日のうちに最も多く体に取り込んでいるのは「空気」といわれており、そのうち「半分以上は自宅で吸い込んでいる」という統計データがあります。

平均生涯摂取物質量

しかし、建材の中には有害な化学物質が含まれている恐れがあり、人によっては様々なアレルギー反応を引き起こす原因となっています。

シックハウス症候群の症状

田中さん

シックハウス症候群は、最悪の場合「化学物質過敏症(かがくぶっしつかびんしょう)」といった重い症状を引き起こしてしまうケースがあります。
※洗剤やアルコールなど、ごく少量の化学物質にも反応してしまうアレルギー疾患

田中さん

こうしたアレルギーは一度発症してしまうといくら安全な建築をしても反応をしてしまうので対策が困難です。だからこそ発症する”前に”対策をしてほしいですね。
化学物質の使用は禁止されていない
「シックハウス法」により現在使用が制限されている化学物質は、ホルムアルデヒドとクロルピリホスの2種類のみです。人体に影響が懸念されている化学物質は他にも多数ありますが、いずれも建材への使用は制限されていません。
※2003年に国土交通省より「建築基準法」に整備された法律

田中さん

さらに、建築技術の進歩により「気密性」が高く隙間が少ない家が造られるようになったことで、シックハウス症候群を引き起こす恐れが高まっているのも事実です。
24時間換気の義務化

シックハウス症候群を予防するため、2003年には建築基準法により「24時間換気」に伴う設備の導入が義務付けられました。
これにより室内換気が促進され、法律の実施以降シックハウス症候群に関する相談件数は大幅に減少しています。

シックハウス関連の相談件数の推移

データ参考:科学的根拠に基づくシックハウス症候群に関する相談マニュアル(改訂新版)|厚生労働省

しかし、一方では「換気に頼った予防は根本的な解決にならない」といった見方もあり、シックハウス症候群には今後も対策の余地があると言われています。

化学物質は家中のいたるところに潜んでいる

スタッフ

例えば、家の中のどんなところに化学物質が使われているのでしょうか?

田中さん

化学物質は、床や天井、壁などの見えるところはもちろん、壁内、床下、構造材など、いたるところで使われている恐れがありますよ。
建物内で化学物質が使われている場所の例

田中さん

なお、一般的に「集成材」や「合板」に使われる接着剤には化学物質が含まれています

合板の断面。 年輪の異なる複数の木がボンドで貼り合わさって出来ているのが分かります。

「合板」は、フローリングや壁面の仕上げ、扉や下地、構造などの主要な部分にも使われます。そのため、自然素材をコンセプトにしている工務店や建築会社でも、壁より内側の見えないところにで使われているケースがあります。

工法からも分かる合板の有無

「ツーバイフォー」は、「壁面枠組み工法」とも呼ばれる建築技法です。

ツーバイフォー工法の模式図

引用:一般社団法人日本ツーバイフォー建築協会

構造材に「合板」を使うツーバイフォーは、耐震性や耐火性が高く、機密を高めやすいのが特徴です。しかし、一方では「気密性の高さから化学物質の影響を受けやすくなる」といった意見もあります。

シックハウス症候群を防ぐ方法は?

スタッフ

シックハウス症候群にならないためにはどうすれば良いのでしょうか?

田中さん

なるべく天然由来の建材を使って家を建てるのが望ましいですね。

スタッフ

例えば、どういった建材を選ぶのが良いのでしょうか?

田中さん

木材には国産の無垢材を使ったり、仕上げ材には「ホタテ」の殻を焼いて粉状にしたものを含む漆喰や、和紙クロスなどを選ぶのが良いでしょう。

田中さん

また、フローリングや壁紙、そしてその下地に使う建材にも気をつけてほしいですね。デンプンを主成分にするのりや、羊毛で出来た断熱材はシックハウス症候群のリスクを下げられる場合があります。
ホタテの貝殻でつくった塗り壁

ホタテの貝殻を主成分にした塗り壁。樹脂系の建材が含まれていないのでホルムアルデヒドの影響を受ける心配がありません。

引用:ホタテの貝殻でつくった塗り壁|天然住宅

化学物質を含む施工例 天然由来の建材による施工例
木材 集成材、合板 無垢材
壁材 ビニールクロス ホタテの貝殻が原料の塗り壁
下地材 シーラー処理 「でんぷん」を含む自然素材
シロアリ対策 農薬系の駆除剤 ほう酸

田中さん

特に、天然の木をそのまま切り出して使う「無垢」は、薬品による防腐・防虫処理がされていないので、「合板」に比べてシックハウス症候群のリスクを下げられると思います。

無垢の表面はコーティング加工がされていないので、さらっとした独特な触り心地が特徴です。蓄熱性が高く床材としても人気があります。

無垢材で建てられた家

無垢をふんだんに使ったお家の施工例。

引用:施工実績「記憶をつなぐ家」|天然住宅

無垢を使って建てるお家は、木が持っている本来の魅力が活かせるのも大きな特徴です。
例えば、建材になった無垢材から出る「フィトンチッド」という成分には森林浴の効果があり、防虫効果やリラックス効果、睡眠の質向上といった人に有益な作用があることが分かっています。

参考 フィトンチッドについておしえてください。:農林水産省フィトンチッドについておしえてください。:農林水産省
無垢材の調湿効果

無垢材の表面には「空隙(くうげき)」と呼ばれる隙間があり、水分を吸収・放出する働きがあります。そのため、室内の湿度がある程度一定に保たれるので、「カビ」や「ダニ」などの発生を抑える効果があるといわれています。

空隙が分かる写真

無垢材の表面の拡大写真。

引用:木材博士Dr.矢田の建築士のための木材講座

新築に「自然素材」を使うデメリット

スタッフ

自然素材を使うことによるデメリットはないのでしょうか?

田中さん

自然素材は大量生産ができないので、どうても価格が高くなってしまう傾向があります。また、「無垢材」は合板のように表面がコーティングされていないので、キズがつきやすいのも弱点ですね。
  • 価格が高くなる傾向がある
  • 無垢材は表面にキズがつきやすい

スタッフ

自然素材の家をできるだけ安く建てる方法はないのでしょうか?

田中さん

どこまで自然素材にこだわった家にするかによって、使う素材が変わるので一概には言えません。また、作る人の「技術」や「こだわり」によっては、その他の費用も異なります。

田中さん

現状では、流通ルートの合理化やプランの規格化、産地や建材の検討など、金額面で努力している業者さんを探して家づくりを依頼するしかないですね。

無垢材の値段を抑える工夫

価格を抑える方法の1つとして、「無垢材を仕入れる流通ルートの改善がある」と指摘する田中さん。

従来の木材の流通ルート

従来の方法では、産地から製品になって市場に届くまでの間に、多額の「中間マージン」が発生しているのが現状です。
しかも、この方法では「森」に還元される利益が少なくなり、山の管理や経営維持が難しくなってしまう恐れがあるといいます。

中間マージンを削減した木材の流通ルート

そこで、田中さんは山から直接仕入れをすることで中間マージンを削減して、森に還元されるお金を増やすといった取り組みを行っているそうです。

国産の無垢を消費して森を守ろう!

日本の国土の約68%は森林が占めています。しかし、その多くは人の手が入らなくなって放置されている森です。こうした森は土壌が育っておらず、最悪の場合、大雨や地震などの災害で土砂崩れが発生してしまう恐れがあります。
ところが、安く家を建てるためには安価な集成材を使わざるを得ません。集成材の原料となる木材の半分以上は海外からの輸入に頼っているのが現状です。

スタッフ

無垢の家を建てることは、シックハウス症候群のリスクを下げるだけではなく、元気な森を次の世代に繋げていくことにもなるわけですね。
合板に使われる原料の割合

まとめ

スタッフ

シックハウス症候群のリスクや予防法が少し分かったような気がします。

田中さん

シックハウス症候群のようなアレルギー反応は、一度発症してしまうと本当に厄介です。不安な方はご予算などの兼ね合いも含めて事前にしっかり相談をして、家づくりをされてください。
「森を守って、健康、長持ち」の家づくり

この記事は、国産の無垢材を使い、「自然素材の家」を提供されている「株式会社天然住宅」の田中さんにご協力をいただいて作成しました。

伐採体験の様子

新築に使う大黒柱を建主さんご自身で切り出してもらう無垢材の伐採体験の様子。

価格を抑えた自然素材の家をもっと多くの方に広めたい」という思いで設立された「株式会社天然住宅」さんでは、森を守りつつ、住む人が健康に、そして長持ちする家を探求されています。興味がある方は、ぜひ問い合わせてみてください。

ご協力頂いた会社さんの詳細
天然住宅ホームページ

会社名 株式会社天然住宅
代表者名 田中 竜二
住所 〒188-0001
東京都西東京市谷戸町3-26-6 加藤ビル5F
電話番号 042-439-6262
公式HP https://tennen.org/
営業時間 10時〜18時
定休日:土・日・祝(打ち合わせは可)
主な業務 住宅・一般建築の設計・施工監理
対応エリア 設計:全国
施工:東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県