新築に太陽光発電を導入するべきか|メリット・デメリットを解説

新築 太陽 光

これから新築を建てる方々の中には、太陽光発電の導入を検討されている方もいらっしゃることでしょう。

電気代の節約になりそう」「なんとなくエコな感じがする
このように、太陽光発電に対し漠然と良いイメージを抱いている方は多いかと思います。

しかし、太陽光発電にはメリット以外にもデメリットがあるのをご存知でしょうか?また、導入にあたり事前に知っておくべき注意点も存在します。

本記事では、太陽光発電のメリット・デメリットはもちろん、導入前に知っておくべき注意点についても解説していきます。新築に太陽光発電を導入するかお悩みの方は、本記事を参考になさってください。

太陽光発電とは

太陽光発電とは、太陽の光をエネルギー源として発電を行うことです。太陽光は人間がどれだけ利用しても枯渇(こかつ)することがないため、エネルギー源として世界中で重宝されています。

ご家庭においては、太陽光発電を導入することで電力会社から供給される電気の代わりに自家発電した電気を使用することが可能になります。

下記の表にもあるように、住宅における太陽光発電の導入件数は年々増加しています。

太陽光発電が増加傾向であることが分かる表

住宅用の太陽光発電は、年々増加傾向にあります。

画像出典:一般社団法人太陽光発電協会|太陽光発電の状況

このように、多くのご家庭において導入が進んでいる太陽光発電ですが、「興味はあるけど、そもそも太陽光発電がどんな仕組みなのかよく知らない」という方も多いかと思います。

新築に太陽光発電を導入すべきか検討する前に、まずは太陽光発電がどのような仕組みで成り立っているのかを簡単に確認していきましょう。

太陽光発電の仕組み

太陽光発電では、まず、ソーラーパネル(別名:太陽電池モジュール、太陽パネル)が太陽光を受けることによって発電がなされます。

ご家庭においては一般的に、ソーラーパネルを屋根の上に設置します。下の図のように屋根にソーラーパネルが設置された家を街中でもよく見かけることがありますよね。

ソーラーパネルの画像

屋根の上に設置されたソーラーパネル。街中で目にすることも多いですよね。

ソーラーパネルによって発電した電気は、室内に設置されたパワーコンディショナー(以下、パワコン)という機器を通って「直流」から「交流」に変換されます。家庭内で利用できる電気は交流のみなので、パワコンによって直流から交流への変換する工程は必須となります。

そして、交流に変換された電気が分電盤という機器を通ることによって、私たちが日常生活において使用できる状態になります。

ソーラーパネルで発電した電気がパワコンによって交流に変換される図

ソーラーパネルによって発電した電気はパワコンによって交流に変換されます。
パワコンによって変換された電気は分電盤を介して私たちが使用できる状態になります。

画像出典:Panasonic|住宅用パワーコンディショナ

また、電力量計という機器によって電力の計測が常時行われます。その際に、太陽光によって発電した電力が消費電力よりも多かった場合は余った電力を電力会社に買い取ってもらうことが可能です。逆に、発電した電力が消費電力に満たない場合は、電力会社から電力の供給を受けることも可能です。

なお、これら全ての操作は自動で行われますので、特別な操作は必要ありません。大切なことは、一般家庭において太陽光発電を利用するためには、「ソーラーパネル」「パワーコンディショナー」「分電盤」「電力量計」という4つの機器の設置が必要ということです。

太陽光発電の全体像がわかる図

太陽光発電は、ご家庭内においてこのような仕組みで成り立っています。

画像出典:JPEA太陽光発電協会|太陽光発電のしくみ

太陽光発電のメリット・デメリット

太陽光発電は画期的なシステムであると同時に様々なメリットを持っていますが、導入を検討するにあたりデメリットの存在を無視することはできません

想定されるいくつかのデメリットやリスクを予め知ることで、後悔なく太陽光発電を導入することができます。また、デメリットを知ることで「導入しないほうがいいかもしれない」と考えが改まる方もいるかもしれません。

太陽光発電の持つメリットを再確認するとともに、デメリットについても把握していきましょう。

太陽光発電のデメリット

まずは、太陽光発電のデメリットについて解説していきます。

太陽光発電の導入によるデメリットには、下記のようなものがあります。

  • 設置費用が100万円~200万円ほどかかる
  • 将来的にメンテナンス費用がかかる
  • 天候・時間帯によって発電量が変わる
  • 屋根の方位・傾斜角によって発電量が変わる
  • 反射光トラブルが起こる可能性がある

詳しい内容を、一つずつ確認していきましょう。

設置費用が100万円~200万円ほどかかる

太陽光発電のデメリットとして最も代表的なことは、設置費用の高さです。

ご家庭における太陽光発電の導入には、およそ100万円~200万円の費用がかかることが一般的です。太陽光発電に興味はあっても、設置費用を知った途端に諦めてしまう方も珍しくありません。

ただし、メーカー・商品によって設置費用は異なります。また、家族の人数によっても設置する規模感が変わりますので、費用面で躊躇されている方はいくつかの業者から見積りを取ってみることをおすすめします。

将来的にメンテナンス費用がかかる

太陽光発電に必要な設備機器は将来的にメンテナンスが発生する可能性が高く、その際に修理や交換のための費用がかかります。

ソーラーパネルの寿命は20年以上パワコンの寿命は10年~15年ほどと言われています。太陽光発電は20年、30年、あるいはそれ以上と長期的に行うことを前提に導入する方がほとんどですから、設備機器のメンテナンスは避けられないと考えてよいでしょう。

なお、パワコンの交換にはおよそ20万円の費用がかかることが多いようです。

天候・時間帯によって発電量が変わる

太陽の光をエネルギー源とする太陽光発電においては、天候や時間帯によって発電量が大きく左右されることがあります。

天候による発電量の違いの目安として、快晴の日を100%とした場合、曇りの日は40%、雨の日は10%、ソーラーパネルに積雪した場合は0%にまで低下します。

天候による発電量の違い

太陽光発電は、天候によって発電量が大きく左右されます。

画像出典:TOENECリフォーム|太陽光発電に関するよくあるご質問

また、時間帯によっても発電量が異なります。日が出てくる朝の5時頃から発電が開始し、ピークはお昼12時頃、その後徐々に発電量は低下し日が沈む18時頃には発電が終了します。なお、日照時間は季節によっても異なります。

朝:5時頃 発電が開始(徐々に発電量が高まる)
昼:12時頃 発電がピークを迎える(その後、徐々に発電量が低下)
夜:18時頃 発電が終了(翌朝まで発電が止まる)

なお、太陽光発電によってつくられた電気を使用できるのは、基本的に発電が起きている間のみです。発電が起きていない夜間などには太陽光発電を利用することができず、自動的に電力会社からの供給に切り替わります。

豆知識
太陽光発電によって日中につくられた電気は、家庭用蓄電池に蓄えることができます。太陽光発電と家庭用蓄電池を併用することで、発電が起きていない夜間でも太陽光発電によってつくられた電気を使用することが可能です。

屋根の方位・傾斜角によって発電量が変わる

太陽の昇降の観点から、太陽光発電に適した屋根の方位や傾斜角が決まっています

ソーラーパネルを設置するのは南側の屋根が最も効果的とされており、北側の発電量は南側の半分程度まで下がります。また、傾斜角は30°前後が最も理想的と言われています。

屋根の方位・傾斜角による発電量の違い

屋根の方位や傾斜角によって発電量は大きく異なります。

画像出典:TOENECリフォーム|太陽光発電に関するよくあるご質問

これから建てる新築に太陽光発電を導入される方は、より効率的な発電を行うために屋根の方位や傾斜角を太陽光発電に適した設計にすると良いでしょう。

反射光トラブルのリスクがある

太陽光発電を導入することで、近隣トラブルに発展するケースもあります。

いわゆる「反射光トラブル」と呼ばれる問題で、ソーラーパネルに反射した太陽光が向かった先に隣家等があった場合、隣家の住人から「眩しい」というクレームが起こることがあります。

反射光トラブル発生のメカニズムは下記の通りです。
南から差し込んだ太陽光が南側の屋根に設置されたソーラーパネルに反射した場合、反射光は上空に向かうため隣家に被害が及ぶことはありません。しかし、南から差し込んだ太陽光が北側の屋根に設置されたソーラーパネルに反射した場合、反射光は隣家のある地上方向に向かってしまいます。

反射トラブルのメカニズム

反射トラブルは、この図のように北側に設置したソーラーパネルに反射した太陽光によって起こります。

画像出典:JPEA太陽光発電協会|太陽光発電システムの反射光トラブル防止について

多くの場合、ソーラーパネルを南側の屋根に設置すれば反射光トラブルは発生しません

太陽光発電のメリット

次は、太陽光発電を導入することで得られるメリットについてご紹介いたします。

多くのデメリットがある太陽光発電ですが、冒頭に述べた通り導入件数は右肩上がりです。一体どのような魅力があるのでしょうか?

太陽光発電のメリットは、下記の通りです。

  • 環境に優しく、エコである
  • 電力会社に支払う電気使用料が減る
  • 余った電気を売ることができる
  • 停電時にも電気が使える
  • ZEH住宅にすれば補助金が支給される

詳しい内容を、一つずつ確認していきましょう。

環境に優しく、エコである

社会的な観点から見る太陽光発電の一番のメリットは、環境に優しくエコであることです。

太陽光発電のエネルギー源である太陽光は、枯渇することのない再生エネルギーです。また、石油を燃焼させる火力発電などのようにCO2をはじめとする大気汚染物質が発生することがありません

一人でも多くの人が太陽光発電を利用することで、環境負荷の低減に繋がります。

電力会社に支払う電気使用料が減る

太陽光発電の導入を検討されている方が最も期待をされているメリットは、電気代の削減ではないでしょうか。

太陽光発電を導入しなければ、当然ながら家庭内で使用する電気は100%電力会社からの供給に頼ることになり、電力会社に電気使用料を支払うことになります。しかし、太陽光発電でつくった電気を使用することで電力会社から供給される電力の量が減るので、そのぶん電力会社に支払う電気使用料が減ります

また、太陽光発電を導入することで「再エネ賦課金」も削減されます。再エネ賦課金とは、電力会社から供給される電気の量に応じて課金される費用です。家庭内で使用する電気を太陽光発電で賄うことで電力会社から供給される電気の量が減りますので、そのぶん再エネ賦課金が削減されます

余った電気を売ることができる

太陽光発電によってつくられた電気は家庭内で消費しきれず余ることがありますが、余った電気は電力会社に売ることができます

なお、一般的な住宅における10kW(キロワット)未満の太陽光発電の場合、「固定価格買取制度(FIT)」という制度に基づき売電開始から10年間は固定の価格で電気を売る事ができます。つまり、少なくとも10年間は売電価格が下がるリスクがありません。

停電時にも電気が使える

地震や豪雨による停電で電力会社から電気の共有を受けられなくなることは、災害大国日本においては珍しいことではありません。そんな有事の際に、太陽光発電は底力を発揮します。

太陽光発電に使用するパワコンには「自立運転」という機能が備わっており、分電盤を介さずパワコンに付属しているコンセントから電気を直接取り出すことができます。すると、停電時でも太陽光発電によってつくった電気を使用することができます

停電時に使えるパワコンの自立運転機能

パワコンには自立運転機能が備わっており、切り替え作業を行うことで停電時にも電気を使用することができます。

画像出典:JPEA太陽光発電協会|住宅用太陽光発電システム 停電時の自立運転について

ZEH住宅にすれば補助金が支給される

太陽光発電の導入が条件の一つとなっているZEH(ゼッチ)住宅を建てる場合、国から補助金が支給されます。

ZEH住宅とは国が推奨する省エネ住宅のことで、「断熱性能」「省エネ性能」「創エネ」の3つの要素を満たすことでZEH住宅としての認定がなされます。太陽光発電は3つの要素のうち「創エネ」の要素にあたり、太陽光発電の導入とあわせて「断熱性能」「省エネ性能」の基準を満たすことでZEH住宅としての認定を受けることが可能です。

太陽光発電を設置するタイミング

ここまでお読みいただき、太陽光発電を導入すべきか検討するための判断材料が出揃ってきたかと思います。

太陽光発電は新築を建てる時点での設置を希望される方も多くいらっしゃいますが、後付けをすることも可能です。
新築での設置と後付けではどちらが良いのか、確認していきましょう。

新築を建てる際に設置した場合

まずは、新築を建てる際に太陽光発電を設置した場合について、どのようなことが起こりうるのか確認していきましょう。

住宅ローンに設置費用を組み込める

新築時に太陽光発電を導入した場合、設置費用を住宅ローンに組み込むことが可能です。

新築で太陽光発電を導入する場合、設置費用の主な支払い方法である「現金で支払う」「住宅ローンに組み込む」「ソーラーローンを組む」の3つの中から最もコストメリットの高い方法を選ぶことができます。

後付けの場合は設置費用を住宅ローンに組み込むことができないため、支払い方法の選択肢が狭まります。

太陽光発電に適した設計ができる

新築の場合、ソーラーパネルを設置する屋根の方位や傾斜角、パワコンの設置位置などについて、太陽光発電に適した設計をすることができます。

後付けする場合は、もともと建っている家の条件に太陽光発電の設備を合わせることになるため、家によっては発電効率が悪くなることがあります。

ソーラーパネルによって外観が損なわれない

新築の屋根にソーラーパネルを設置する場合、ソーラーパネル設置を前提とした色味やデザインの屋根にすることができるため外観を損ねずに済みます。また、より見栄えの良い屋根一体型のソーラーパネルを設置することも可能です。

後付けの場合、ソーラーパネル特有の機械的な見た目が既存の屋根とマッチせず、見栄えが悪くなることがあります。

屋根一体型のソーラーパネルの例

屋根一体型のソーラーパネルの一例です。
スタイリッシュで見栄えが良いのが特徴です。

画像出典:株式会社カナメ|製品案内カナメソーラールーフ

固定資産税の課税対象になる可能性が高い

太陽光発電にかかる固定資産税は、ソーラーパネルの設置形態によって課税か非課税かが異なります。

後付けのソーラーパネルの場合、取り外しも可能なため家の一部としてはみなされずに非課税となる可能性が高いです。
一方で、屋根と一体化したソーラーパネルは家の一部としてみなされるため課税対象となる可能性が高いです。

好きな太陽光発電メーカーの商品を使用できない

新築で太陽光発電を導入する場合、家を建てるハウスメーカー指定の太陽光発電メーカーの商品を使用する可能性が高いです。

参考までに、有名ハウスメーカーが指定している太陽光発電メーカーをご紹介いたします。

ハウスメーカー 太陽光発電メーカー
一条工務店 自社グループ製造
ヘーベルハウス 京セラ
パナソニックホームズ パナソニック
サンヨーホームズ 日立
ユニバーサルホーム Qセルズ
スウェーデンハウス 京セラ
アキュラホーム Qセルズ
大成建設ハウジング シャープ
住友不動産 ソーラーフロンティア
積水ハウス シャープ、カネカ
大和ハウス パナソニック、シャープ
住友林業 シャープ、ソーラーフロンティア
トヨタホーム ソーラーフロンティア、シャープ
クレバリーホーム 京セラ、Qセルズ
セキスイハイム シャープ、京セラ、ソーラーフロンティア
タマホーム 京セラ、カネカ、トリナソーラー
ミサワホーム 京セラ、東芝、ソーラーフロンティア
アイフルホーム 京セラ、LIXIL、Qセルズ
東急ホームズ 京セラ、三菱、シャープ
三井ホーム シャープ、東芝、カネカ、パナソニック

使用したい太陽光発電メーカーの商品がある方は、家を建てるハウスメーカーに確認をする必要があります。

太陽光発電は後付けすること可能

太陽光発電は、新築では導入せずに後付けすることも可能です。

後付けすることで、固定資産税が非課税になる可能性が高くなるほか、好きな太陽光発電メーカーの商品を利用できるといったメリットがあります。

経済状況などの問題で、新築を建てる時点では太陽光発電の導入を見送らざるをえなかった方も、太陽光発電を諦める必要はありません。

まとめ

本記事では、太陽光発電のメリット・デメリット、導入にあたり事前に知っておくべき注意点をご紹介いたしました。

メリット・デメリットの両方に目を向けながら、太陽光発電の導入は慎重に検討してくださいね。

なお、当サイト「コノイエ」では新築・建て替えに関する様々な記事を掲載しております。よろしければ、他の記事もぜひご覧ください。