新築のお風呂を選ぶポイントは2つ!! 浴槽選びの達人へ

本記事では、新築のお風呂を選ぶ大切なポイントについて解説しています。

リビングやキッチンなど、よく使うスペースにこだわりはあるけれど、お風呂にはそこまでこだわりが無い方も多いのではないでしょうか。

しかし、お風呂選びのポイントが分かれば、自身の実生活をイメージして自然とこだわりを持てるようになります。

お風呂選びのポイントを理解して、浴室の具体的なイメージを掴めるようになりましょう。

ポイント1 効能を意識して浴室の色を選ぶ

色は、人間の心理状態や行動に大きな影響を与えます。浴室内の色合いによって、お風呂で過ごす時間の質が変わります。

そのため、お風呂を選ぶ際は浴槽や浴室の色にこだわるのがオススメです。お風呂は家の中でもリラックスできる空間ですから、色が持つ効果を意識しながらイメージを膨らませていきましょう。

高級感があり、落ち着いた雰囲気の黒色

黒やダークブラウンなど、黒系の色は「浴室を高級感のある落ち着いた雰囲気」にしてくれます。リラックスした空間を演出するには、オススメの色合いです。

しかし、水垢や石鹸カスなどの汚れが目立ってしまうのが欠点です。水垢や石鹸カスなどは白い汚れなので、黒い浴室だと汚れが目立ちやすくなります。

ただし、汚れが目立つことで「こまめに掃除をする習慣」が付くとも言えます。 浴室をどの色にしても等しく汚れ自体は溜まるため、ちゃんと汚れが目に見えた方が掃除がしやすいという側面もあるのです。

メリット
  • ホテルのような高級感を演出できる
  • 落ち着いた雰囲気になる
  • こまめに掃除をする習慣がつく
デメリット
  • 水垢などの汚れが目立ちやすい
  • お湯の透明感がなくなる
  • 浴室全体を黒にすると圧迫感が出る

清潔感があり、浴室内が広く見える白色

浴室の色としてオーソドックスな白色は、「清潔感があり、浴槽内を広く見せる」ことができます。黒色の浴槽で目立つ白い汚れは、白色の浴槽では目立ちません。

ただし、汚れは目に見えないだけです。水垢や石鹸カスなどの汚れはしっかり存在していますので、どの色を選んでも定期的な掃除は必要です。また、髪の毛やカビなどの黒い汚れは目立つので注意してください。

そして、白には空間を広く開放的に見せる効果もあります。よく、白い洋服を着ると太って見えると言いますよね。白などの明るい色は「膨張色」と呼ばれ、人間の視覚が大きく認識する色なのです。

メリット
  • 水垢が目立ちにくく、清潔感がある
  • 空間が広く開放的に見える
デメリット
  • 髪の毛やカビは目立ちやすい
  • シンプル過ぎて物足りない印象を受ける

柔らかくて明るい雰囲気の淡い色

パステルカラーと呼ばれる淡い色合いは、柔らかくて明るい雰囲気を演出してくれます。画像のように白色と合わせると、雰囲気を壊さずに個性的な印象になります。

パステルカラーとは?
「赤」「青」「黄」などのはっきりとした色(原色)ではなく、「桃色」「水色」のように、原色に白を混ぜたような淡い色合い。 中間色(ちゅうかんしょく)とも呼ばれる。

パステルカラーも、白色と同じく水垢などが目立ちにくい色合いです。 ただし、髪の毛などの汚れは目立ちやすいので注意してください。

メリット
  • 柔らかくて明るい雰囲気がある
  • 白色と組み合わせやすい
  • 水垢などの汚れが目立ちにくい
デメリット
  • 髪の毛やカビなどの汚れは目立つ
  • 歳を取ると好みに合わない傾向がある

風水を意識したラッキーカラーで運気アップ

色合いを選ぶポイントは、視覚的な印象だけではありません。風水を意識した色選びをして、運気を上げる方法もあります。

風水の世界でお風呂は、身体に付いた邪気をはらう場所とされています。肉体的な汚れだけでなく、精神を「浄化」する場所でもあるのです。

スピリチュアルな場所とされるお風呂で、風水を意識した色選びをしてみるのもオススメです。基本的には、家の中でお風呂のある方角にまつわるラッキーカラーを選びます。

方角 ラッキーカラー 上がる運気
ベージュ、クリーム色 夫婦運
北東 住人の全体運
白、青、緑、赤 仕事運、恋愛運
南東 緑、オレンジ 人間関係運
家庭運、健康運
南西 白、ベージュ、緑 金運、健康運
西 白、クリーム色、ピンク 金運、家庭運
北西 緑、ベージュ 仕事運(男)

なお、運気をさらに呼ぶためには、使用後に水をすぐ抜いたり、換気を頻繁におこなったりなど、他にも気をつけるポイントがあります。運気にこだわって色を選びたい方は、下記の記事も参考にしてみてください。

参考 [風水]お風呂の方角別おすすめカラーと運気アップ方法15個 | SpicomiSpicomi[スピコミ]占い総合メディアサイト

実際の体験談から学ぶ、色選びの極意

浴室内の色合いは、使用する人の性格や生活スタイルによって決めるのが理想的です。 「この色はダメ」「この色がベスト」と一概に決めることは出来ません。

今から、「黒色の浴槽(浴室)」を選んだ2人の体験談をご覧いただきます。同じ黒色でも、使用する人が違えば色合いの印象も変わる、具体的な例を見ていきましょう。

Aさん「浴槽を黒にして失敗」

今まで白の浴槽だったので新築の際に黒にしてみました。(何故かカッコイイと思った。) 半年たちましたが浴槽に水垢(カルキ?)で魚のウロコ状に白くなっています。 掃除しましたけど落ちません。(クエン酸、重曹、レモン、など)

引用元:浴槽を黒にして失敗しました。 | 教えて!住まいの先生

Bさん 「浴槽を黒にして正解」

リラックスできる場にしようと黒を基調に浴槽やタイルを選びました。 結果、非常に落ち着ける場になり、単に「身体を清潔に洗う時間」だったのが長湯になりました。仕事上のステップアップになった特許も「黒の浴室」で発想しました。黒の浴室はオススメです。

引用元:浴槽の色、黒色ってどうですか?良かった?後悔してない?ベストアンサー | 教えて!goo

※1つ目の体験談の方をAさん、2つ目の体験談の方をBさんとしています。Aさんは黒色の浴槽を使用していくうちに、魚のウロコ状になった「白い汚れ」を付けてしまいました。汚れの正体はおそらく水垢や石鹸カスが固まってしまったものです。

黒い浴槽は汚れが目立ちやすいので、Aさんは黒い浴槽を購入したことを後悔しています。一方でBさんは、黒い浴槽が演出する「落ち着いた空間」に大満足しています。

これは、Bさんが汚れの目立ちやすさよりも、落ち着いた空間を重視しているからです。確かに黒い浴槽の汚れは目立ちやすいですが、マメに掃除をすれば何の問題もありません。それぞれの性格や生活スタイルによって、浴室の色に対する印象は変わるのです。

Aさんの主張 黒い浴槽はカッコイイと思ったけど、手入れを怠るとすぐに汚れが目立つ。結果的になかなか落ちない汚れになってしまった。黒い浴槽は失敗だった。
Bさんの主張 黒い浴槽に変えたおかげでリラックスできる空間になり、お風呂に入る時間も増えた。掃除をちゃんと行えば汚れも問題ないし、黒い浴槽は正解だった。
【極意】自分の性格や生活感を基準に選ぶ
同じ色合いでも、使用する人の性格や価値観によって印象は大きく異なります。 自分が最も重視するポイント、こだわりを見つけることが大切です。

ポイント2 実生活をイメージして浴槽を選ぶ

色のイメージが掴めたら、次は浴槽の種類について解説します。浴槽ごとの特徴や価格帯も紹介していますので、実生活や費用面をイメージしながら見ていきましょう。

価格が安く、補修がしやすいプラスチック製の浴槽

引用:FRP浴槽とは | 風呂ログ

プラスチック製の浴槽は「FRP製浴槽」と呼ばれます。 ちなみに、FRPとは繊維強化プラスチックのことで、「Fiber Reinforced Plastic」の頭文字を取ったものです。

FRP製浴槽の価格帯 ※既製品(オーダーメイドを除く)の価格です
価格の振り幅 2万円~30万円
平均価格相場 2万円~5万円
メリット
  • 他の浴槽よりも価格が安い
  • 傷や劣化に対して補修が簡単
デメリット
  • 他の浴槽よりも傷がつきやすい
  • 他の浴槽よりも少し耐久性が低い
  • 他の浴槽よりも高級感が薄い

特徴1 価格帯が安い

FRP浴槽最大の特徴は価格帯の安さです。高いものでは30万円ほどかかりますが、平均的な価格相場は2万円~5万円。他の浴槽に比べると非常に安価となっています。安いからと言って決して粗悪な構造ではなく、FRP自体が安い素材だから実現できる価格なのです。

特徴2 劣化した際の補修が簡単

また、FRP浴槽は劣化した際に補修が出来ます。通常の浴槽は劣化したら浴槽ごと交換しますが、FRP浴槽は塗装による補修ができるため、新しく浴槽を買うコストを抑えることができます。

特徴3 他の浴槽よりも少しだけ耐久性が低い

FRP浴槽の耐久性が、他の浴槽よりも飛び抜けて劣っているわけではありません。ただし、FRPは軽い素材なうえ、表面を特別に強化していませんので、他の浴槽よりも少しだけ耐久性は低くなります。

ただし、耐久性が低いと言っても、劣化には15年~20年ほどかかります。手入れの丁寧さによっては、さらに長く使えますので、そこまで気になる欠点ではありません。

見た目が美しく、カビが生えにくい金属製の浴槽

引用:ホーロー浴槽とは?メリットとデメリットを解説します | はぴスム

金属製の素材を使用し、表面をガラスで覆った浴槽を「ホーロー製浴槽」と呼びます。

ホーロー製浴槽の価格帯 ※既製品(オーダーメイドを除く)の価格です
価格の振り幅 10万円~60万円
平均価格相場 20万円~30万円
メリット
  • FRP製浴槽に比べて耐久性が高い
  • 表面が滑らかで見た目が美しい
  • 表面が滑らかでカビが生えにくい
  • 金属製なので保温性に優れる
デメリット
  • 修復が難しい
  • 非常に重く、2階に設置できない場合がある
  • 他の浴槽に比べて、価格が高め

特徴1 耐久性が高く見た目が美しい

ホーロー製浴槽の素材は金属です。そのため、FRP製浴槽よりも耐久性に優れています。

また、浴槽の表面がガラスで覆われているため、美しい光沢があるのも大きな特徴です。ガラスにより表面が滑らかになっているので、汚れが落ちやすくカビが付きにくいメリットもあります。

特徴2 保温性に優れる

ホーロー製浴槽の素材である金属は、「熱伝導率」に優れています。

熱伝導率とは?
物質が熱を伝える速さのことです。 ちなみに、鉄の熱伝導率はプラスチックの200倍以上です。

お湯が冷めにくいため、追い焚きをする回数減り、電気代を節約できます。家族が多く、お風呂に入る時間も異なる場合は、重視したいポイントですね。

特徴3 非常に重い

ホーロー製浴槽は、他の浴槽に比べて非常に重い構造です。そのため、一軒家の2階以上では設置できないケースがあります。2階以上に設置する場合は、基本的に床を強化するコストがかかります。

耐久性に優れ、メンテナンスも可能なステンレス製の浴槽

引用:ステンレス浴槽のお風呂の水アカ落とし| おそうじ本舗

少し古いタイプに、「ステンレス製浴槽」があります。ちなみに、ステンレスとは鉄に他の金属を合わせて作られた「錆びにくい金属」のことです。

ステンレス製浴槽の価格帯 ※既製品(オーダーメイドを除く)の価格です
価格の振り幅 5万円~30万円
平均価格相場 6万円~8万円
メリット
  • FRP製浴槽に比べて耐久性が高い
  • 自分でメンテナンスが可能
デメリット
  • 表面まで金属製なため、水垢や傷が目立ってしまう
  • 古いタイプが多く、機能性が低い

特徴1 耐久性が高い

ステンレス製浴槽は中の素材から表面まで、全て金属製です。そのため、FRP製浴槽よりも耐久性に優れています

ただし、表面まで金属製なため、強い摩擦を与えると表面に傷がつきます。傷が付くとサビやすくなってしまうため、手入れには注意が必要です。

特徴2 自分で磨いてメンテナンスができる

ステンレス製の浴槽は、自分で磨くことでメンテナンスができます

ただし、タワシで強く擦ると浴槽の表面に傷が付いてしまいます。表面の傷はサビる原因になりますので、クエン酸や重曹を使用して、スポンジやタオルで掃除するのがオススメです。

参考 ステンレス浴槽の掃除にはクエン酸と重曹!肌にもお財布にも優しい!たのしく暮らそ!

特徴3 古いタイプが多く、機能性が低い

ステンレス製浴槽は、古い型の浴槽が多いです。そのため、ジェットバスなどの機能付きの浴槽が少ないです。また、後付で機能を付けるのも難しいため、システムバスを希望されている方には向きません。

高級感があり、傷が付きにくい人工大理石の浴槽

引用:人工(人造)大理石の浴槽って本当に良い? | リショップナビ

ポリエステルやアクリルを使用して、天然の大理石に似せた浴槽を「人工大理石浴槽」と言います。

人工大理石浴槽の価格帯 ※既製品(オーダーメイドを除く)の価格です
価格の振り幅 15万円~50万円
平均価格相場 20万円~40万円
メリット
  • 傷が付きにくいため手入れが簡単
  • 高級感がある
デメリット
  • 使えない入浴剤がある
  • FRP浴槽やスレンレス製浴槽よりも高額

特徴1 傷が付きにくく手入れが簡単

人工大理石浴槽は表面のコーティングが滑らかなので、傷が付きにくく汚れが溜まりにくい特徴があります。そのため、掃除が他の浴槽に比べても楽になります。

特徴2 高級感がある

人工大理石浴槽は、他の浴槽と比べても高級感があり、デザイン性や質感に優れます。見た目の高級感や質感の良さは大きな特徴ですので、ショールームなどで実物に触れるのがオススメです。

特徴3 使用できない入浴剤がある

入浴剤によっては、人工大理石浴槽で使用できないものがあります。入浴剤の成分が浴槽の光沢を失わせる恐れがあるためです。使用できない場合は、入浴剤の成分表に記載がありますので、チェックしてみてください。

引用:【医薬部外品】温泡(ONPO)入浴剤 炭酸湯 こだわりゆず 4種 | Amazon

実際の体験談から学ぶ、浴槽選びの極意

実際に浴槽を選ぶ際は、自分の性格や生活スタイルに合わせて、こだわりを見つけるのが大切です。

今から、「FRP浴槽」を購入された2人の体験談をご紹介します。同じタイプの浴槽で、それぞれどんな印象を持ったかを見ていきましょう。

Cさん「FRP浴槽はお湯が冷めやすい」

以前住んでいた家は、他メーカーのFRP浴槽でした。保温浴槽ではありませんでした。なので、お風呂のお湯がすぐに冷めました。家族もいますので、追い焚きの回数は多かったです。一人が上がったらすぐに入ればいいのですが、帰りの時間がまちまちだったので、そうもいかず…

引用元:パナソニックの人造大理石浴槽について ベストアンサー | 教えて!goo

Dさん「この価格で足が伸ばせるのは嬉しい」

つくりはともかくこのサイズのバスタブが高い送料を合わせてもこの値段なら満足です。足を伸ばせるのはうれしい。

引用元:2年保証バスタブ・最安お浴槽・エプロン付き風呂 | 楽天市場 みんなのレビュー

※1つ目の体験談の方をCさん、2つ目の体験談の方をDさんとしています。CさんとDさんは、商品こそ違いますが、同じくFRP浴槽を購入されました。しかし、それぞれの生活スタイルや性格で浴槽の印象は大きく変わっています。

Cさんは、家族が多く入浴の時間がバラバラだったため、「お湯が冷めやすい」FRP浴槽の特徴に不満を持っています。

反対にDさんは、デザイン性や性能よりも、大きい浴槽を手頃な値段で購入できた事に満足しています。

ちなみにDさんが購入された浴槽の金額は2万円台でした。性能よりも金額の安さを重視するか、金額よりも性能の高さを重視するかは、それぞれの生活スタイルによっても変わるのです。

Cさんの主張 お風呂に入る人数が多いし、入る時間もバラバラだから、お湯が冷めやすいのは困る。FRP浴槽を購入したのは失敗だった。
Dさんの主張 2万円台で足の伸ばせる浴槽を購入できたのは嬉しい。FRP浴槽を購入したのは正解だった。
【極意】自分の性格や生活感を基準に選ぶ
色やデザインと同じく、大切なのは自分の性格や生活スタイルに合っているかどうかが大切です。 それぞれのメリット、デメリットを把握した上で自分のこだわりを見つけましょう。

具体的なイメージを掴む為に、カタログやショールームを活用しよう

色や浴槽について少し興味が出てきたら、実際の商品を見て具体的なイメージを掴んでみましょう。

各建設メーカーでは、商品カタログの無料配布やショールームで商品の展示を行っています。実際の商品を目にする事で、デザインや価格が鮮明になるため、ぜひご活用ください。

各メーカーのカタログ&ショールーム情報

今回は、商品のカタログがホームページから閲覧でき、全国的にショールームを展示しているメーカーさんの中から4社をご紹介します。お風呂のイメージを膨らませるために、参考にしてください。

TOTO

引用:カタログ検索・資料請求 | TOTO

【お問い合わせ先】0120-03-1010
【カタログ数】14種類
【ショールーム】全国100地域
【自宅でショールーム体験】有り
カタログの閲覧はこちらから

最寄りのショールーム検索はこちらから

LIXIL

引用:カタログ:浴室(建主さま向け)| LIXIL

【お問い合わせ先】0120-376-837
【カタログ数】17種類
【ショールーム展示地域】全国94地域
【自宅でショールーム体験】有り
カタログのダウンロードはこちらから
最寄りのショールーム検索はこちらから

パナソニック

引用:カタログ バス | Panasonic

【お問い合わせ先】0120-878-709
【カタログ数】25種類
【ショールーム展示地域】全国69地域
【自宅でショールーム体験】有り
カタログのダウンロードはこちらから
最寄りのショールーム検索はこちらから

タカラスタンダード

引用:カタログ請求・WEBカタログ| Takara standard

【お問い合わせ先】店舗ごとにお問い合わせ
【カタログ数】5種類
【ショールーム展示地域】全国47都道府県
【自宅でショールーム体験】有り
カタログのダウンロードはこちらから
最寄りのショールーム検索はこちらから

ショールームは、気軽に訪問してOK!!

「まだ何も決まってないのに、ショールームに行っても大丈夫……?」と不安に感じる方も多いと思います。しかし、ショールームは「イメージが無い段階でも気軽に立ち寄ってOK」なのです。

ちなみに、ショールームを訪れるタイミングは主に2回あります。

1回目 具体的なイメージは無く、とりあえずどんな商品があるか実際に見てみたい時
2回目 具体的な商品を選んで、実際に費用面やデザイン、採寸などを相談する時

2回目の訪問では、実際に自分のイメージをまとめておいたり、事前に訪問の予約をしておくと相談がスムーズに行えます。 しかし、1回目はいつでも気軽に訪問して大丈夫です。

実際に商品に触れることで、自分の理想のイメージが広がることもありますので、ぜひショールームを活用してみましょう。

また、今回ご紹介した4社は自宅でショールームを擬似体験できるコンテンツも用意されています。ショールームに行く時間がない方でも商品を見学できますので、そちらも合わせてご利用ください。

まとめ

お風呂選びで大切なことは、「自分の性格や生活スタイルから、こだわりを見つける」ことです。様々な色や浴槽から、自分の好みに合ったものを選ぶ事で、リラックス出来る空間として最大限の効果を発揮します。

お風呂の種類やデザインに興味が出てきたら、実際にカタログやショールームなどで商品に触れてみましょう。 また、お風呂のイメージが固まっていなくても、ショールームの見学は気軽にできますので、ぜひご活用ください。

当協会の運営サイト「コノイエ」は、工務店・ハウスビルダー・建築家・建築設計事務所等の500以上のインタビュー記事を掲載。また、新築・建て替えを検討中のユーザーにとって有益となる情報を発信しています。
当協会は、建て替えに伴うお住まいの取り壊しのご相談を年間で2,500件ほど承っており、各地域の住宅関連会社の情報が集まります。今後も「コノイエ」では、新築ユーザー様の発注先や評価、住宅関連会社様への独自インタビューといった当協会ならではの独自のリアルな情報をお届けしています。

新築・建て替え時の
解体費用ぐっと安く
6社無料一括見積り

解体工事をぐっと安く無料で6社見積比較!

電話で無料相談(フリーダイヤル)

0120-978-124

お電話の受付時間 8~20時(土日祝も対応)