新築で人気の間取りを一挙ご紹介!間取りで失敗しない方法も

新築 間取り

一生に一度あるかないかという大きな買い物であるマイホーム。
コロナ禍の影響で住宅展示場やイベントへの訪問が難しい状況が続いていますが、だからと言って間取りで失敗したくないですよね。

そこでこの記事では、注文住宅を建てるにあたって人気のある間取りや、間取りを決めるにあたって失敗しない方法について解説していきます。
これから家を建てたいとお考えの方は、ぜひ参考になさってください。

新築で人気の間取り

まずは、注文住宅を建てるにあたって人気のある間取りを紹介していきます。

人気の間取りは「新居でどんな暮らしがしたいか?」というタイプ別にまとめていますので、気になる間取りからクリックしてご覧になってみてください。

家事のしやすい間取り

掃除・洗濯・料理といった家事は毎日行うものですから、できるだけ家事動線がいい間取りにしたいですよね。

家事のしやすい間取りにするためには、できるだけ水回りを近い場所に配置し、移動にかかる時間を短縮するのがオススメです。そうすることで、食事の準備をしながら洗濯物を回したりと、効率的に家事が行えるようになります。

家事がしやすい間取り
引用:家事が楽になる間取りを実現!家事動線の4つのポイント|家づくり学校

ランドリールーム(洗濯室)

より洗濯をしやすくするために「ランドリールーム(洗濯室)」を取り入れるのもオススメです。
ランドリールームとは、洗濯物を「洗う、干す、取り込む、アイロンがけ、たたむ」までの一連の作業を1ヶ所で済ませられるスペースのことです。

ランドリールーム
引用:ランドリールームとは?便利?なぜ、ランドリールームをつくるのか|創建ホーム

通常の家では、洗濯機から取り出した洗濯物を2階のベランダまで運ぶ手間が発生しますが、ランドリールームならその場で干して収納するまで完結できるため、洗濯にかかる手間が省けます
新築はランドリールームをつくるチャンス!新築に機能性の高いランドリールームをつくって暮らしを便利にしよう

サンルーム

ランドリールームの代わりに、洗面室の近くに「サンルーム」を取り入れてもいいでしょう。
サンルームとは、全面ガラス張りで太陽の光を取り込める空間のことです。

サンルーム
引用:サニージュ|LIXIL

サンルームでは洗濯物を干せるほか、子どもの遊び場やガーデニングを楽しむスペースとしても利用できます。
新築 サンルーム新築のサンルームでどう過ごしたい?目的や用途に合った種類を選ぼう

ウォークスルークローゼット

そのほか、キッチンとランドリースペースの間に「ウォークスルークローゼット」を設置するのもオススメです。
ウォークスルークローゼットとは二箇所以上のドアがあるクローゼットで、通路として通り抜けられるようになっています。

ウォークスルークローゼット
引用:ウォークスルークローゼット収納|セキスイハイム

このウォークスルークローゼットを、家族の衣類をまとめて収納できる「ファミリークローゼット」として利用すれば、畳んだ洗濯物を各部屋に届ける手間が省けます
また、通気性も高いためカビの心配も少なくなります。

家族の会話が弾む間取り

せっかく夢のマイホームを建てるのですから、家族がずっと仲良く暮らせる家にしたいですよね。

そこで大切なのが、家族が多くの時間を過ごすことになるLDKの間取りです。LDKの間取りを決めるときは「対面キッチン」「リビング階段」「吹き抜け」を取り入れると、家族の会話が弾む家になるでしょう。

家族と会話が弾む間取り
引用:女性が暮らしやすい家づくり|ecohouse

対面キッチン

対面キッチン
引用:女性が暮らしやすい家づくり|ecohouse

対面キッチンは、キッチンが壁を向いている「壁付けキッチン」や、キッチンがリビング・ダイニングと分かれている「独立型キッチン」に比べ、リビングを見渡しながら食事の支度ができます。
そのため、料理や洗い物をしながら家族の様子に目を配ったり、コミュニケーションを取ったりできるようになるのです。

リビング階段

リビング階段
引用:女性が暮らしやすい家づくり|ecohouse

リビング階段とは、その名の通りリビング内に設置された階段のことです。
2階に上がるために必ずリビングを通る必要があるため、リビングの外に階段がある場合に比べ、自然と家族間の会話も増えるでしょう
新築のリビング|これだけは知っておきたい情報まとめ【実例25選】

吹き抜け

吹き抜け
引用:吹き抜けのメリット、デメリットと失敗しない吹き抜けの作り方|家づくりBLOG

リビングを吹き抜けにすることで、2階にいる子どもの気配が感じられたり、声がよく届くようになったりと、家族とコミュニケーションが取りやすくなるでしょう。
また、リビング階段とも相性がいいため、セットで取り入れやすいのも大きなポイントです。
新築 吹き抜け後悔しない新築づくり|吹き抜けのメリット・デメリット、費用を解説

片付けのしやすい間取り

新居では収納スペースをできるだけ増やして、片付けのしやすい家にしたいと思っている方も多いと思います。

ただし、収納が多すぎると「居住スペースを圧迫する」「建築費用が高くなる」「使わないものまで収納してものが増える」といったデメリットもあるため、適材適所を心掛けましょう。
新築 収納新築住宅で取り入れたい!各部屋の収納アイディアや注意点

以下では、片付けのしやすい間取りにするためのアイディアを解説していきます。

パントリー

パントリーとはキッチンの一部もしくは隣接した場所に設けられた収納スペースのことで、すぐに使わない食品・食器・調理器具等をストックしておけます。

パントリー

右奥にあるのがパントリーです

引用:パントリーって便利なの?パントリーのメリットとデメリット|創建ホーム

よく料理をされる方は、システムキッチンやカップボードの収納だけでは足りないこともありますので、ぜひ取り入れてみてください。

洗面所収納

洗面所には「洗濯関連のもの(洗剤、柔軟剤、ハンガー、バケツ等)」「入浴関連のもの(シャンプー・コンディショナーのストック、タオル、バスマット等)」「衣類(下着、着替え、オムツ等)」など、非常に多くのものを収納する必要があります。

衣類は、先述のウォークスルークローゼットに収納してもいいですが、洗濯や入浴に関するものは洗面所内に収納したほうが便利です。

そのため、洗面所内には以下のような背面収納を取り入れ、収納力をアップさせるのがオススメです。

洗面所
引用:______________.ma|RoomClip

シューズクローク

シューズクロークとは、玄関横に設けられた収納スペースのことで、靴を履いた状態で出入りができます。

また、シューズクロークは靴の収納以外にも、ゴルフバッグ・アウトドアグッズ・スポーツ用品・ベビーカー・自転車・スーツケース等の大型な荷物を収納したり、帰宅後のバッグやコートの一時置き場として利用したりもできます。

シューズクローク
引用:rin.tak|Instagram

シューズクロークは、特にアウトドアな趣味があるご家庭や子どもがいるご家庭は重宝するでしょう。

テレワークをしやすい間取り

コロナ禍の影響で普及してきたテレワーク。しかし中には、現在のお住まいでは「仕事に集中できない」「仕事場に適した場所がない」とお悩みの方も多いかもしれません。

そこで新居では、仕事をしたり自分の時間を楽しんだりもできるワークスペースを取り入れてみましょう。

個室の書斎

個室
引用:いまどきの間取り(プラン)イメージ写真集|セキスイハイム中部

新居のスペースに余裕がある場合は、個室の書斎を取り入れられると打ち合わせが多くても集中して仕事に臨めるでしょう。

半個室の書斎

半個室
引用:アイディアいっぱい!書斎のある事例特集|Reco. BLOG

個室を確保できない場合は、リビングなどの一角に半個室の書斎を設けるという方法もあります。オープンなスペースで仕事するより集中できるでしょう。

小屋裏部屋

小屋裏部屋
引用:小屋裏にある隠れ家的な空間はご主人の書斎|イエタテ

小屋裏(屋根裏)のスペースを利用できる場合は、書斎として有効活用するのもオススメです。

スキップフロア

スキップフロアとは1階と2階の中間に設けられたスペースのことで、狭い家でも空間を有効活用できます。

スキップフロア
引用:いまどきの間取り(プラン)イメージ写真集|セキスイハイム中部

ワークスペースとしてはもちろん、子どもの勉強スペースとしてもオススメです。

開放感のある間取り

家の中でも開放感を味わえる間取りにしたい方は、アウトドアリビングを取り入れてみましょう。

アウトドアリビングとは、リビングの延長線上に中庭やバルコニーなどを設置し、生活空間として利用できるようにしたスペースのことです。

アウトドアリビング
引用:アウトドア好きにおすすめ!屋外リビングのある住まい|株式会社野村工務店

家にいながら外の空気を感じられるため、子どもやペットの遊び場としてもオススメの間取りです。

1階リビング

テラス
引用:いまどきの間取り(プラン)イメージ写真集|セキスイハイム中部

リビングが1階にある場合は、テラスを広くとってアウトドアリビングにしてもいいでしょう。

タイル
引用:いまどきの間取り(プラン)イメージ写真集|セキスイハイム中部

床材はウッドデッキだけでなく、タイルにすると掃除もしやすく見た目もオシャレです。

2階リビング

バルコニー
引用:アウトドアリビングのある暮らし|ヘーベルハウス

2階のリビングの延長線上にあるバルコニーです。室内とウッドデッキの高さが揃っているため、開放感のある広いリビングのようです。

ガーデニング
引用:アウトドアリビングのある暮らし|ヘーベルハウス

バルコニーでガーデニングを楽しめば、より一層自然を感じられる空間になるでしょう。
【人気おすすめ9選】ウッドデッキを設置して、楽しい新築住宅に!

間取りで失敗しないために

「どんな暮らしをしたいか」というタイプ別に人気の間取りについて解説してきました。

しかし、気に入った間取りをそのまま取り入れると、以下のような後悔につながる可能性もあるため注意が必要です。

  • シューズクロークをつくったけど、狭小地のため玄関が狭くなってしまった
  • 南向きのリビングを吹き抜けにしたら、暑すぎて冷房代が上がってしまった
  • アウトドアリビングを取り入れたのに、周囲からの視線が気になって外に出られない

そのため、人気のある間取りはあくまで参考に留め、それぞれの家族構成・ライフスタイル・土地の条件に合わせてカスタマイズしながら間取りを決めることが大切です。

マイホームの間取りで後悔しない方法マイホームの間取りで後悔しない方法|専門家のアドバイスも紹介 新築一戸建ての失敗例とその対策|後悔しないためにやるべきこと

まとめ

この記事では、以下のように「どんな暮らしを実現できる間取りにしたいか?」というタイプ別に、人気のある間取りについて解説しました。

しかし、人気があるからと言って、ご紹介した間取りをそっくりそのまま取り入れてしまうと、あなたのライフタイルや土地の条件と合わずに後悔してしまうかもしれません。

もし「後悔のない間取りにしたい」「自分たちの土地やライフスタイルに合った間取りをカスタマイズしてほしい」とお考えの方は、ぜひ建築家と一緒に家づくりをしてみてください。

建築家は土地の状況や周辺環境、あなたの家族構成やライフスタイルをヒアリングした上で、ゼロから希望に合ったオリジナルの家を設計してくれます。
また、希望の暮らしを実現できる土地探しの相談に乗ってくれる建築家も多くいます。

建築家がしてくれること
  • 家族構成・ライフスタイル・土地の状況等を考慮して、希望に合った家をゼロから設計してくれる
  • 土地探しから相談に乗ってくれる建築家も多い

当サイト「コノイエ」では、そんな建築家たちの“想い”を伝える記事を掲載しています。
「何となく敷居が高い」と思われがちな建築家ですが、彼らの家づくりにかける想いを知っていただければ、建築家を少しだけ身近に感じられるかもしれません。

家づくりを検討している方は、ぜひご覧になってみてくださいね。
建築家たちの「想い」を伝える記事を見る